組合のご案内
事業のご案内
(財)鳥取県林業担い手育成財団
間伐材の利用
木材・商品販売
イベント情報
お問い合わせ

鳥取県森林組合連合会

〒680-0947
鳥取市湖山町西2丁目413番地

TEL:0857-28-0121

FAX:0857-28-1235

info@torimori.com



林業労働者共済年金制度 公益財団法人鳥取県林業担い手育成財団

制度のあらまし

 高齢化社会の到来にともない、老後生活保障制度への対応の必要はますます高まってきています。
 林業退職金共済制度(中小企業退職金共済法)だけでは充分とは言えず、自助努力による共済年金制度として定年退職後年金又は一時金による老後の生活の保障制度を創設しました。


制度の仕組み

1.加入資格

鳥取県森林組合連合会、鳥取県木材協同組合連合会、鳥取県山林樹苗協同組合の組合員か財団が適当と認めた事業主、のいずれかに直接雇用される林業労働(木材伐採、木材搬出、造林、育苗、製薪炭及び林産物の採取・生産並びにこれらに付随する作業)に従事する15歳以上78歳までの者。



2.加入方法

各事業所一括加入とし、団体単位で財団まで申請する。


3.掛金

掛金は月払で1人1口1,000円〜5口5,000円とする。財団より掛け金の5割を助成する。



4.共済年金(退職一時金)の請求手続

年金の支払開始年齢は定年年齢、定年前に中途脱退した時、又は死亡時とする。 但し死亡時の受取人は遺族の方とする。



5.給付内容
@ 年金
定年に達したとき、5年確定年金、10年確定年金、15年確定年金のうち一つを選択、年金にかえて一時金で受け取ることもできます。 年金開始後加入者が死亡された場合には、遺族に年金でお支払いします。ただしご請求により残りの年金原資相当額を一時金でお支払いします。
A 脱退一時金
定年前に中途脱退された場合にそれまでの積立金を一時金でお支払いします。
B 遺族一時金
在職中に加入者が死亡された時は、脱退一時金1口につき月払掛金1カ月分を加算して遺族の方にお支払いします。